生理的口臭

本来、口臭というのは誰にでもあります。

 

特に問題をかかえていないケースでも、
たとえば起床時には口の中がネバネバして不快だったり、臭かったりします。

 

でも、少しでも条件が変わるとすぐに消失してしまいますよね。
このような口臭を、生理的口臭と呼びます。

 

生理的口臭として分類されているものは幾つかあります。

 

 

起床時に起こる口臭

 

眠っている間は口が動かず、唾液分泌もかなり抑制されているため、口の中の細菌が最大限に増えます。
その結果、起床直後は、増えた細菌と口内の乾燥により、口臭が起こります。

 

起きてからは、人と会話をしたり食事をしたりと、唾液も豊富に分泌し、
口内は活発に動いていますから口臭はすぐになくなります。

 

ただ、起床時は大量の細菌が発生していますから、飲み込む前に清掃(歯磨き)するのがベストです。

 

 

緊張時に起こる口臭

 

緊張している時に起こる口臭です。

 

緊張によって唾液の分泌が抑えられ、口内が乾きネバネバした環境になるために口臭が発生するのです。
水をのみ口内を潤してあげることで改善されます。

 

 

空腹時に起こる口臭

 

空腹時に起こる口臭です。
これは、唾液の減少のほかに、膵液が関係していると言われています。

 

食事を摂れば解決しますが、どうしても忙しくて食事がとれないときなどは、
せめて水分補給をするか、ガムや飴などを食べて唾液の分泌を豊富にしましょう。

 

もしも朝食を摂らない場合には、
起きてからずっと、食事を摂るまで口臭が続くことになる訳ですから、要注意です。

 

 

生理的口臭の多くの場合は、口内の一時的変化によるもので、
少しでも条件が変わると、それだけで解消してしまうものです。
また、歯科医のアドバイス通り適切なケアをすることによって改善することができます。